自転車旅の衣・食・住

with 2 Comments

走行距離は700kmを越え、少しずつチャリ旅のリズムが掴めてきたような今日この頃。

50~80kmごとにある小さな村を目がけ、南アフリカ共和国とナミビアを結ぶN7という国道を、
ここ一週間ひたすら北上しています。

 

 

今いる北ケープ州は、住んでいた西ケープ州とも、ホリデーで行った東ケープ州とも様子がまったく違う。

 

白人は少なく、黒人はめったに見かけず、ほとんどの人が混色のカラードの人たちです。同じ国内でも、
地域によって文化が異なるのは、この国の歴史を感じさせます。だけど、人の気配を感じるのは、小さな村の中のみ。

 

 

村と村の間の50km~80km区間は、家も何もなく、ひとっこ一人としていません。
(いるのはモングースとダッシーという可愛い小動物くらい)

 

ただただ、見渡す限り続く大地。

DSC_2108
乾燥した大地

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中を日々、目立つ大きな荷物たちをぶら下げて自転車で走っていると、通り過ぎる車や立ち寄った
村の人たちが頻繁に声を掛けてきます。

 

荷物の中身は?何を毎日食べているの?どこどこ村で、君たちを見かけたよ!
人々の声には、いつも本当に励まされています。

 

 

今回は、そのいくつかの質問に答えるように、私たちの旅の装備と日々の生活を紹介したいと思います。

DSC_1823
マユの装備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エリオットの装備
エリオットの装備

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず最初は、「衣」。

 

必要最低限のインナー、アウター、あったかいダウンジャケットを日々着まわし。

 

ありがたいことに、アウトドアブランド数社から、ウォータープルーフのバック、衣類のほとんどを
提供してもらいました。なので今のところ、見た目はかなりフレッシュ(なはず)です。

 

だけど同じ服を手洗いして毎日繰り返し着ているので、近いうちにいい古着感が出てくることでしょう。

オシャレはいつだってしたいけど、今は我慢の時期だと自分に言い聞かせています。

ナイスダウンジャケット from Karrimor
ナイスダウンジャケットとたそがれエリオット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ナイスアウター from Karrimor & ウォータープルーフバック from Sealline
ナイスアウター from Karrimor & ウォータープルーフバック from Sealline

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「食」。

 

自転車を漕ぐ日は、夜明け前の朝6時頃に起床して、眠気と闘いながらポリッジ(麦を水炊きしたおかゆのような、
イギリス伝統の朝ごはん)+バナナ+ハチミツと、コーヒーをガソリンストーブで作ります。

コーヒーは、エスプレッソメーカーを常備。
もちろん重いし、荷物になりますですが、今のところ1日の始まりの美味しいコーヒーは譲れません。

 

お昼ごはんは、道脇ですぐに食べられるように、前日に作り置きしています。最近のお気に入りは、サラダパスタか、エリオットの手作りパンに、アボガド、フェタチーズ、ひよこ豆、トマトなどを加えたもの。いつもこのお昼ごはんを楽しみに、午前中はチャリをこぎ続けます。

至福のひととき with エリオット特製パン
至福のひととき with エリオット特製パン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
今年に入ってから、なぜかエリオットは小麦粉クッキングにハマっていて、チャパティ(ナンの薄く丸いバージョン)や
パンケーキ、クッキー、パンなど、状況に合わせて小麦粉クッキングを駆使しています。

小麦粉は安く、日持ちも気にせず、様々な使い方が出来るので、今回の旅には必須です。

 

 

晩ごはんは、簡単に作りたいときにはパスタ(ツナ缶と野菜が多い)、時間のあるときにはレンズ豆のカレーや
チャーハンなどを作っています。あらかじめ調合しておいたカレースパイスミックスやハーブミックス、醤油など、
必要最低限の調味料を常備しているので、和洋中意外と幅広く楽んでいます。

たっぷりれんず豆のカレー
たっぷりれんず豆のカレー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめに書いたように、食品を売っているお店がかなりの距離ないので、
スーパーに辿り着いたときは2、3日分買い置きします。

 

買い物担当はわたし。エリオットは自転車の見張り役。

二人だと、こうゆうときにほんと助かる。

 

自転車ロックは持っているけど、荷物をロックすることは出来ないので、エリオットはいつもスーパーの入り口で
待機です。だけど、エリオットがその待ち時間を退屈したことは今まで一度もないはず。

というのも、私を待っている間、いつも誰かと会話しているから。

 

 

エリオットに話しかける人は、今のところ2パターン分けられる。

 

1パターン目は、尋常じゃない荷物を積んだ自転車と彼に興味を持って、
「どこから来たんだ?」「これからどこへ行くんだ?」などと話しかけてくる人。

 

もう1パターンは、前者のように見せかけて、物やお金を乞う人。
こういった人々は、小さな村になればなるほど意外と多かった。

スーパーの向かいには、たいがいアルコールを売るお店があって、彼らはその前にたむろしている。
小さい村での、特に高齢の人のお酒の問題が深刻なのは、見て明らかだった。

ちょうどいい感じの調理場
ちょうどいい感じの調理場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野外食+サイクリングというと、レトルト食やサプリメントを摂っているのかとよく聞かれるけど、実際そういったものは一切摂っておらず、その土地土地で買える材料で毎日せっせと自炊しています。

北ケープ州はとても乾燥した地域で、(雨季前の今の時期は特に)、地図に載っている川はすべて干からびているほどの
乾燥具合。

 

そのため、フレッシュな食べ物を小さな村で見つけることは難しく、野菜くだものを見つけるとテンションが上がります。色とりどりの野菜やくだものを路上マーケットで買える国へ行くのが、今から楽しみでなりません!

スパイス類と調理器具
スパイス類と調理器具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして最後に「住」。

 

旅にでて、もうすぐ1ヶ月。

友人の両親宅に泊まらせてもらった4日間を除き、すべてテントで寝起きしています。

 

南アフリカには、どんな小さな村でも、キャンプサイトやキャラバンパークが点在していて、しかもちゃんとしたシャワー(あったかいお湯がでる!)とトイレが設備されているので、とても快適だ。防犯面の安心もあるけれど、キャンプサイトでの人との出会いも楽しみのひとつ。

 

マンゴー農園を経営しながらキャンプサイトをしているドイツ人夫婦や、
私が生まれる前からゲストハウス兼キャンプサイトを山奥でほっこり経営している老夫婦。

かつてはサファリガイドをしていたというアクティブな南アフリカ人男性など、
オーナーのキャラクターは様々で、彼らの話はとても面白い。

貴重な野生動物情報をくれた、元サファリガイドのスパーキー
貴重な野生動物情報をくれた、元サファリガイドのスパーキー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、キャンプサイトに泊まっている人との出会いもある。

 

先日はキャラバンパークで、ついに一人目の自転車旅人と出会った。
彼は、私たちのような自転車旅人と大きく違った。テントもクッカーも、自転車部品のスペアもほとんど持たず、
今時の高級な軽量マウンテンバイクに乗っていた。

もうすぐ50歳になるブラジル人のパオロは、このスタイルで3年間旅をしているという。

 

彼とは向かう方角も同じのため、これからも各地で出くわすことになるだろう。

キャンプサイトで出会い、ボルダリングに誘ってくれた、ナイスフレンチカップル
キャンプサイトで出会い、ボルダリングに誘ってくれた、ナイスフレンチカップル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

村にキャンプサイトがない場合や、ここなら人や車から見える場所じゃないし大丈夫だな、と確信を持てるときには、道路脇ワイルドキャンプもする。

 

近くに水を汲める場所がなかったり、石でごつごつしていたり、平らな場所がなくて寝ている間にズレ落ちるような不便はあるけれど、たまには誰も人のいない大自然の中で寝起きすると、なんだか初心に返ったような気持ちになるのがいい。

 

調理器具とテントがあると、どこでも即席移動式ハウスを建てられるのだ。

しかしワイルドキャンプスポットへ向かう道は、そう楽ではない。。
しかしワイルドキャンプスポットへ向かう道は、そう楽ではない。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野外での生活は、自然と時間の移り変わりを肌身を感じることができる。

 

と同時に、室内での生活の快適さにもたくさん気が付く。

 

椅子やテーブルがあるって、なんてラグジュアリーなんだろう。とか、
布団やベッドって、なんて心地いいんだろう、などなど。

わたしたちのおうち
わたしたちのおうち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の旅での「衣食住」を、この先続けていった先に見えてくるものはなんだろう?

 

そんな想いを胸に、明日もまた荷物を積んで走ります。

 

 

南アフリカとももうすぐお別れだー!

毎日おつかれさまです
今日もおつかれさまです

2 Responses

  1. Shiro the gout
    | Reply

    Hey travelers!
    I always look forward to reading your amazing trip diaries. I walk down the streets every day and they are connected to the road you are biking. I think of you guys and keep on going towards your home. Keep head up!
    Greetings from Newcastle,

    Shiro

    • twoislandtravellers
      | Reply

      Hey shiro! Yes you are right, there are couple of sea we need to cross, but definitely the road is connecting to your street.
      We are having a bit hard time in Namibian sandy road at the moment but lots of people are helping and cheering us up. Hope you are well. Love to our son!haha

Leave a Reply