Our adventure

You've got to love the word why. Why?
Because after asking why you learn something you either didn't know or confirm something you already knew.
Why are we cycling from Cape town to London? We don't know. That's why we're doing it!

 
The next question after why, if you are happy with the answer you've been given and show more interest in the
subject, is 'how?' . . . If you're asking how its because you think you've understood why, and now you're ready for
the 'how can I make it possible?'
 
Mayu and I got over the why part pretty quickly. It seemed quite simple. We joked about it one morning over some
porridge and by the time I got home from work we both were asking each other, "well how do we do this?"
 
How, on the other hand, is taking a lot longer to figure out than the time it takes to have a bowl of porridge,
skateboard to work, draw lines on a screen all day and skate back again. But we are slowly getting there.
 
Of course there were a few more why's before this particular why. I could say most were slightly negative why's. 
For example, why are all the places we travel to inhabited by people that don't have the same opportunity to travel
as us? And is anyone else benefiting from it? Depends on how you do it I suppose. Lets say you go to the
supermarket on two different days. Day one: you drive, you buy a sandwich, you keep your head down, you eat it
and you carry on. Day two: you walk, you smile at passers by, you head to the bakery section and you make a little
a joke to the dude behind the counter. Even though he's a moody bastard that smile just might make his day.
You pick out the juiciest tomato you can find--I'm talking Cape town juicy--and take it home to make a sandwich you can be proud of, you eat it, it's heaven.
 
I guess what I am trying say is, there's two ways of eating a sandwich, and one of them doesn't only benefit you. 

So why are we riding across Africa? Its not because it's convenient. We want to live and travel in day two, taking
our time to meet and get to know people along the way, taking care to choose experiences that enrich our lives,
and hopefully the lives of others too.  

 
On past travels we have been on the receiving end of so many smiles and acts of kindness, only made possible from
being vulnerable. Vulnerability can leave you open to attack, but it's that same vulnerability that leaves you open for
smiles and acts of kindness. 
 
I find the expression, "same shit different day," quite funny and not something we can relate to. We want lots of different shit to happen all in the same day. Life seems fuller that way.
 
 
 

「 Why? (なんで?) 」という言葉を、あなたは自然と口にすることがあるかもしれない。

それはなぜか?

なぜならそう尋ねたあと、あなたは今まで知らなかった何かを学べるかもしれないし、
あるいはあなたがすでに知っていることを再確認できるかもしれないからだ。

なんで僕たちがケープタウンからロンドンまでわざわざ自転車で行くか?
それはまだ僕たちにも分からない。だから、これからやってみることにしたんだ!

 

もしこの「Why?」の返答にあなたが納得して、さらにそのことについて興味が湧いてきたなら、
次にでてくる言葉はきっと、「 How? (どうやって?) 」だろう。
そう尋ねたときにはもうすでにあなたは「なぜ」の理由を理解していて、
「実際どうやるのか?」という次のステップへの準備ができているはずだ。

マユと僕は、その「Why?」の部分をシンプルにとてもあっさりとクリアした。
ある朝、朝ごはんのポリッジ(オートミールを水で煮たおかゆ)を食べながら、
自転車での旅について冗談交じりに話していた。そして夕方仕事から帰ってきたときにはもう、
「で、どうやって始める?」とお互い聞き合っていた。

 

だけど「Why?」とは違って「How?」をクリアするには、ポリッジ一杯分を食べ終える時間よりもだいぶ
長い時間が必要だった。スケボーで仕事へ行って、一日中デスクにへばりついて、またスケボーで帰宅する。
そんな繰り返しの毎日の空いた時間を利用して、ちょっとずつ、でも確実に「How?」を解決していった。

そりゃもちろん、このシンプルな「Why?」の前には、もっと具体的なwhyがいくつかあった。
その疑問のほとんどが、どちらかというとネガティブな疑問だったといっていい。
例えば、なんで僕たちが旅する大半の場所の人々が、僕たちと同じように世界を自由に旅する選択肢を
持つことができないのか。そしてそういう自分たちとは違う状況に置かれている人々と出会うたび、
この旅に意味はあるのか?と考えていた。

 

だけど、それは自分がどう行動するか、そして何を思うかによって変わってくるんだと思う。
例えばいつもどおり近所のスーパーへ買い物に行くとしよう。
ある日は車でスーパーへ向かい、出来合いのサンドウィッチを買い、そのまままっすぐ家へ帰り、
そのサンドウィッチを食べる。また別のある日は、通りすがりの人と笑顔を交わしながら歩いてスーパーへ向かい、
ベーカリーショップの店員に軽くジョークをかましながらパンを買う。(たとえ店員がどんな不機嫌なやつでもだ)
そして一番新鮮そうなトマトを1つ選び、家へ帰ってサンドウィッチを作る。
オリジナルサンドウィッチを作れたことに満足しながら、それをありがたく食べる。

要は何が言いたかったかというと、ただサンドウィッチを食べるにしても何通りも方法があって、
そのやり方によっては自分とその周りに影響を与えたり、与えなかったりするってことだ。
ここで話を戻して、どうして僕らがアフリカを自転車で旅するのか。それは、簡便じゃないからだ。
僕らは時間をかけてでも、途中の道のりで人と出会いながら、生活が豊かになるような経験をしたい。
そして僕らに出会った人々にとっても、そうであってほしいと思う。

 

僕たちは今までの旅で、たくさんの笑顔や優しさに出会ってきた。
文化も宗教も肌の色も違う土地に、体1つ(とチャリ1台)で行くことは危険だと思われるかもしれない。
確かに僕らが外国人の立場であるために、警戒すべきことはある。
だけどそれと同時に、だからこそ出会えるたくさんの笑顔と優しさもある。

 

「same shit different day ( 別にいつもと何も変わらないよ。ただ日が違うってだけでね ) 」
僕の地元で昔よく聞いた言葉だけど、すごくおかしな表現だろ?
僕らはその日その日で新しいことにいっぱい出くわしたい。 日常はそのチャンスで溢れているはずだ。

(文:エリオット / 翻訳+注釈:マユ)
 

 

DSC_7715